千葉県香取にある寺田酒造さん。 ここの日本酒「醍醐(だいご)のしずく」で作った柚子の種美容液がめっちゃいいです♡

公開日: 2017年2月24日金曜日 日々のこと



久々のヒット化粧品にめぐり会いました!
というか、作りました。

寺田酒造の日本酒「醍醐のしずく」+「柚子の種」で作ったオリジナル美容液です。


肌のキメが整い
毛穴が小さくなり
肌質がふっくら
透明感が増した


そこいらで売っているヘタな美容液より、試してみる価値あり!です!!


過去にホワイトリカー+柚子の種で作ったことがあり、そのほうがベタベタ(保湿効果?)はあるのですが、逆にアルコールで飛んじゃう感じも・・・。

なので今回は寺田酒造さんの醍醐のしずくで作ってみることにしました。

ぶっちゃけ、表面的な保湿効果はあまり感じられません。

しかし酵母菌の生命力が群を抜いて強いのか、日を追うごとに肌のキメが整い、もっちりしていくのが分かるんです☆

そう、表面的な保湿ではなく、肌の内側にある細胞が喜んで上に持ち上がってくるような・・・(^o^)



創業340年。現在で24代目と長きにわたり引き継がれている寺田酒造。

その秘密は昔ながらの生酛(きもと)作りで、微生物の力を最大限に生かした製法を守り続けているためです。

現在流通しているお酒の多くは酒造アルコールや人口的な添加物を使います。
品質を安定させ、コストを下げるためです。

しかし、寺田酒造さんはそれらを一切使いません。
酒蔵に住み着いている微生物が、ゆっくりと降りてくるのをひたすら待つそうです。

とてもとても、丁寧に作られている。
なので他に類をみない独特の味わいがあるんですД)


一口飲んだら


「え?なに??この広がる味わい」
「これ、生きてる」

きっとそう呟いてしまうでしょう▽`*)

寝酒にすると、とても心地よく眠れます。
また、目覚めも最高によいです。




++++  ++++  ++++


さてさて。

柚子の種美容液の作り方です。

①柚子1個分の種をさっと洗い、広げて自然乾燥しておく。

②日本酒の中に①を入れ、1週間ほど待つ。とろっとしてきたらできあがり。
 種と日本酒の比率は1:4ぐらい。
 ※種の比率が多いほうがとろみは強くなります。

③冷蔵庫に保存。
 ※コレ、絶対です。菌が死んじゃうので。

























こんな感じの色になります。

日本酒の瓶のままだと使いにくいので、私はこの美容液以外はすべて愛用している北原化粧品の使用済みボトルに入れ替えてます。これは懐かしい昔のデザインのもの。

その際、ガラス瓶がおすすめ。
アルコールが入っていることと、品質保持のためです。

ぜひ、作ってみてください☆

今日も読んでいただき、ありがとうございます♡

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A