なぜ病気になるのか②〜宇宙の原理と中医学〜

公開日: 2017年1月10日火曜日 日々のこと



こんにちは。
前回から引き続きです。

カラダの細胞が少しづつ破壊されていく=不調やココロに違和感を感じるようになっていく。このようにお伝えしましたね。

では、なぜそうなるのでしょうか。


私たちはカラダがなければ、「魂」の存在です。

今回、地球という星で何かを体験するため、地球に来ることを決めてきました。

そこで「魂」が地球という星に存在するには、地球の環境に合わせた装備が必要です。



例えば、宇宙旅行に行った場合。

宇宙空間では無重力になるため、地球と同じように動くことができません。
そのかわり重量がないため、肌やカラダが衰えるスピードがとても遅くなる。

地球でいう10年という歳月を宇宙空間で過ごした人。
地球でフツーに過ごした人。

見た目年齢を比較した場合、明らかですよね。

よって、宇宙空間だけだと数倍ほど長生きできる。
しかし、地球の装備で生まれてきているため、だいたい一般的にいわれている寿命ぐらいで亡くなっていくようになっています。

このように環境に合わせて、必要なものを用意して生まれてきます。






では、「魂」が地球に存在するために「必要なもの」とは何でしょうか。

答えはカラダ。

「肉体」という名のボディースーツが必要なんです。


なぜ、ボディースーツに入る必要があるのでしょう?
実は自身と違う波長、波動から守るための「防弾チョッキ」ともいえるんです。


ドラゴンボール(なつかしい!)の中で
「かめはめ波~~~~!」と破壊力の強い波動を送り、相手を攻撃しますね。

このように、直接肉体に触れなくても、波動で破壊することができるんです。

そして

日々の生活で、知らずしらずに浴びている「かめはめ波」があるんです。

その波動により、「細胞が破壊されていく」ということなんです。



現在の地球は、物質次元の星です。

物質を細かくしていくと、分子→原子→素粒子となります。
もちろん、人間のカラダも例外ではありません。

このことを「量子力学」、つまり、ものごとや物質を引き寄せられるとされています。




どのようにして引き寄せるのかというと

「音」なんです。

実は「この世界は音でできている」ともいえるんですね。


++++  ++++  ++++


子供の頃、暑~い夏に扇風機に向かって「ウォ~~~~!!」と叫んだことはありませんか?

声が震え、振動が広がっていくのがおもしろかったですよね( ゚Д゚)

このように音は、波動がバイブレーションで広がり、共鳴していくんです。

実はコレ、最近の研究でかなりの範囲まで広がっていくことが分かって来ています。

これを物理学用語で「超ひも理論」といいます。

つまり、ひものように細くなが~く、地球の果ても超え、宇宙までつながってしまうということなんです。

よって

同じ周波数の人や出来事がつながり、勝手に引き寄せられてしまうんですね。



も、これって当たり前なんです(゜.゜)

なぜなら、自身と同じような波長を発している相手とは、長時間一緒にいても疲れないからです。

それもそのはず。

「かめはめ波!」攻撃を受けないため、リラックスした状態でいられるんです。
これを「類友」といいます。


では、「かめはめ波!」攻撃を毎日少しづつでも浴び続けていたら。
いったい、どうなってしまうでしょう?

答えは出ましたね。
このような原理です。




これを意図的に、ポジティブに使った方法が「引き寄せの法則」です。

逆にネガティブに同調して、引き寄せてしまったものは
「こんなはずじゃなかった状態!」です 笑。




ではでは。

次回は

この世界は「音でできている」について、

そして「かめはめ波!」から身を守る方法について。

もう少し掘り下げていきます。



今日も読んでいただき、ありがとうございます。






  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A