【薬膳レシピスト】
10/4から体質診断ティーチャー講座
(対面)9回コースが始まりました!

公開日: 2016年10月7日金曜日 薬膳レッスンと資格


ついに始まりました!

千葉に引っ越してきて間もないのですが、早くも2回目のコース講座を開催することになりました。

ご縁をいただき、本当にありがとうございます☆

今回は東京、そして神奈川県からお越しくださいました。
お忙しい方々なので、午前と午後で1日2回、講座を進めることにしました。


1回目の講座内容はこちら

2回目の講座内容はこちら


実は今回の生徒さん、すでに薬膳の講師をご経験されている方々なんです!

最初はプロの方に私がお教えしていいのだろうか・・・と躊躇してしまいました.(-_-;)

でも、プロだからこそ不明な点をクリアにしたい!
その思いから、数ある薬膳講座の中から美学薬膳を選んでくださいました。

本当に本当に!ありがとうございます▽`*)


実は今回の講座、生徒さん集めは何も特別なことはしていないんです。
ブログとFBだけ。

ただただ、ハイヤーセルフさんにおまかせ♡
そうしたら、ステキなご縁をつないでくれました!

「コンフォートゾーンを広げる」

なるほど。そういうことだったんだ!

最近、この意味がすごくクリアになってきました。

また次回、こちらでご紹介していきますね(*^-^*)


+++++  +++++  +++++


講座を受けていただいたご意見ですが、

「他の理論ばっかりの薬膳講座と違う」

「そうそう!それが聞きたかったの!!」

そうおっしゃっていただき、私もとても嬉しいです(*´▽`*)

+++++  +++++  +++++

ここで基本中の基本である、"五味"について。

他の薬膳講座さんでは詳しくお話していないようでしたので、
こちらで説明させていただきますね。

「春は五味が酸味なので、酸味をとったほうがよい」

これはちょっと違います。

正しくは

肝臓が不調になると酸味を欲するようになる」

だそうです。

肝臓は熱を持ちやすい血を司る臓器。
酸味はクールダウンの作用があるためです。

なので、肝臓がすでに悪い方は季節にかかわらず、酸味を意識してとられたほうがいいということになります。

「毎年春になると、陽気でのぼせやすい」

このような方は、一般の方より肝臓が働きやすいタイプといえます。
やはり酸味を意識してとられたほうがいいということになります。

+++++  +++++  +++++

では、春でも肝臓の不調を特に感じない方はどうすればいい?

中医にも様々な流派、説があるのでどれも否定はしません。
しかし、私が勉強した上海中医薬大学の張先生は

「春は発散。つまり"辛味"を適度にとったほうがよい」

なぜなら、"冬は蔵"で体内に溜め込もうとする。
それが春の陽気とともに、一気に外へ排出、発散されるため。

もちろん、基本は食事にすべての味、つまり五味が揃っているのがベストです。
何事もバランスです。偏りすぎないようにしましょう。

ただ、ちょっと意識して辛味をとると、うまく発散ができるようになるということです。

+++++  +++++  +++++

中医学を学ぶ際、なぜ?という質問を講師にしますよね。

でも、それについて明確な回答が得られなければ、薬膳スクールを変えたほうがいいと思います。

実際、そのような薬膳スクールが多いのだということが生徒さんからの情報で分かりました。

美学薬膳の講座が、どう違うのか知りたい!という方はこちら
薬膳 体質診断体験レッスン




すでに講座は始まっていますが、別枠で9回コース開催予定です。
9回コース講座内容はこちら

今回のように、1日2回講座を開催することも、
また9回じっくりと学びことも可能です。

ようは講師と生徒さんのスケジュールが合えばOK。
フレキシブルに対応します。

遠方の方はSkype講座で対応しています。



ここ最近はステキなご縁が加速して起こっています♡
それは、今これをご覧くださっている方かもしれません。

ぜひ、お会いしましょう!
引き寄せのご縁、楽しみにしています( ´ ▽ ` )ノ

美学薬膳 佐藤 良子












  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A