5月5日より立夏。夏が始まることからいいます。

公開日: 2016年5月6日金曜日 暦のお話


ワンコ散歩でよく行く公園に、ふわっふわのじゅうたん。
遠くまで運ばれていくといいな(^-^)

今年のGWは晴れ間が広がり、行楽日和でしたね。

今日から夏の始まり、そして春の土用明けとなります。
なんとなくだるい・・・と思われていた方、今日からラクになっていきますよ。

立夏の頃は自然界の草花、木々の成長が最も盛んな季節だといわれています。

+++++    +++++    +++++

二十四節気のひとつの節気をさらに三つ、約五日間づつに分けた"七十二候"では下記のように表しています。

【初候】
「蛙始鳴」 かわずはじめてなく

カエルが鳴き始める

【次候】
「蚯蚓出」 みみずいずる

ミミズが地上に出てくる

【末候】
「竹笋生」 たけのこしょうず

たけのこが出てくる

+++++    +++++    +++++

夏至のピークまで自然界の陽気が増え続け、次は反対冬至に向けて陰気が増え続け、陽気が減少していきます。

人間は地球と同じ、宇宙に浮かぶ生命体。

自然界の四季による陰陽の変化と人体内部の五臓の動きは深く関連し、相互に連絡し合っています。

夏の外気は燃えるように暑いということから「火」。
内部の心蔵とつながっているといわれています。

暑くなるとカラダをクールダウンするため、発汗量が多くなります。
体液が多く排出されると、血液濃度が高くなり血流が滞りやすくなるといわれています。

また夏になると心臓がドキドキしたり、鼓動が激しく感じる方も多いのではないでしょうか。

昼が長くなるにつれ、心がうわついて夜更かししやすくなるなります。
それにより眠りが浅く睡眠不足になりやすい。

【立夏の養生法】
この季節は昼寝して、体のバランスをとるとよいといわれています。
睡眠不足になりやすいため、お昼頃に睡魔が襲ってくるためです。

中国では"子午覚"といい、よく暑い地域では昼すぎにお昼寝している人を見かけますよね。
お昼休みにアラームをつけて、10分ぐらいの休憩でだるさがとれますよ。

【立夏の薬膳】
少しづつ夏の野菜をとり、カラダのバランスを整えていきましょう。
ただし、冷やしすぎる瓜類はもう少し先がいいでしょう。
果物はびわ、夏みかんは冷やしすぎないのでおすすめです。

これらを今の時期にとることにより、真夏に消耗しやすい体液を増やしてくれます。

今月半ばは少しお天気が崩れ、少し湿度が高くなりそうですね。
そんな時は香りの強いハーブ類をとり、体内に滞りやすい余分な水分を排出するようにしましょう。

三つ葉、パクチー、パセリ、セロリなどですね。

また、旬の"あさり"もおすすめです。
なぜなら、腎を補う作用がある食材だからです。

この時期に水分代謝を促す腎をケアしておくと真夏にラクになりますよ。
他にはのり、ひじき、わかめなどの海草類もおすすめです。

九十九里まで潮干狩りにでも行こうかな(^-^)



  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A