春分は関西へ

公開日: 2016年3月26日土曜日 日々のこと


これ、古墳なんです。
神戸の住宅街にフツーにあるから不思議。

古墳とは大昔の豪族が眠る場所。
亡くなった後でもこの世に残された者とつながれるように、この世とあの世の中継ポイントに建設されているのです。

千葉への引越し準備で何かとあわただしいのですが、同時に新しいスタートでもあるので、春分の日に心身をリセットできる場所にどーしても行きたかったんです!


真ん中のカギ型が古墳。
左上が淡路島。

それをつなぐ淡路海峡。

淡路島は大和民族の発祥の地とい
われ、とても神秘的な場所なのです。






場所変わって三重県鈴鹿の椿大神社へ。
森の中の高い木々の中に、ひっそりと鎮座されています。

ここは道開きの神様である"猿田彦大神"を始め、32の神々が祭られています。

経営の父といわれる松下幸之助がここを頻繁に訪れ、大企業に成長させたのはあまりにも有名な話ですね。

私も昨年から、起業家として動き出したばかり。
幸運なことに、様々な方々とのご縁でやってこれています。

その感謝とお礼、そして今後の発展をお話してきました。


夜は大阪へ移動。
たこ焼き食べながら、街を散策。

でっかい恵比寿さまが"THE 大阪"ってかんじ。

道頓堀は昔、仕事で訪れて以来。なつかしい!
この混沌と活気あふれる雰囲気、大好き(^-^)

充実した三連休でした。
さ、引越し準備をやらねば!!





  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A