【薬膳レシピスト】@横浜
体質診断ティーチャーコース 第4回目

公開日: 2016年1月27日水曜日 薬膳レッスンと資格


第4回目は心臓、肺、そして肺の陰陽の関係である腸について。

心臓は心、つまりハートの臓器。

よく「心が痛む」といいますね。
では、それは何に対してでしょうか。

自分?それとも自分以外のもの?

答えは自分以外の他人や自然、生物に関してではないでしょうか。
そうです、心臓は「他者愛」の臓器なんです。

では、「自己愛」は?
答えは肺なんです。

つまり、肺の機能が調い、自己愛が確立しないと心で他者愛を思い、手を差し伸べることができないんです。

「なぜ、こんなひどいことができるのだろう」
そう感じるニュースを目にすることがあります。
その人は、圧倒的な「自己愛」が足りてないのかもしれません。

話変わって「腸」のお話。
腸は第二の脳といわれていますが、実は第一の脳なのです。
つまり、腸で生物としての本能や危険を察知し、脳でどう行動するかを考えているのです。

腸内細菌を増やそうと、メディアでも騒がれている昨今。
ヨーグルトを食べれば、発酵食品をとれば・・・と頑張っても、改善されない人が多いのではないでしょうか。

では、他にどうすれば?

アトピーやアレルギーが増え始めたのと、腸内細菌の善玉菌が減り始めたのとは比例しているんです。

その時代背景からひも解いていく方法をお伝えしました。

次回は腎臓、そして血虚と陰虚の不調の原因と改善法をお伝えしていきます。




  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A