乾燥する季節におすすめの薬膳レシピ
長芋のポタージュスープ 気虚・陰虚

公開日: 2015年11月13日金曜日 薬膳レシピ 薬膳レッスンと資格



肌の乾燥が気になる季節ですね。ハンドクリームは必需品です。

この頃になると、あったかいスープが恋しいですよね。
ポタージュ=コーンというイメージが強いですが、
長芋(山芋)だと超簡単でおいしくできるんです。

ミキサーを使わず、すりおろし器でささっとできて美肌のレシピを
クックパッドでご紹介しています。


「陰虚」とは陰が虚する、つまり潤いや水分が不足している状態のこと。
水を飲めばいいんじゃないの?と思われがちですが、
それだと体内にとどまりにくく、すぐに尿として排出されてしまうんです。

食材で体内に取り込むと、ゆっくりと消化されながらカラダ全体に潤いを行き渡らせることができます。

中国では自然薯のことを「山薬」と呼びます。
それほど、薬効が高い生薬として扱われています。

この場合の薬効とは
「気を補う、潤いを与える、腎を保護する作用が強い」です。

なので元気を補う作用もあり、気虚にも効果的です。
さらに腎にもいいので、アンチエイジングも期待できる食材なのです。

では、それ以外の大和芋や長芋は薬効はないの?
そんなことはありません。でも、以下の順に薬効は穏やかになります。

①自然薯
②大和芋
③長芋

そう、ネバネバが強く、山に自生しているものの方がエネルギーが強いといわれています。自生という意味では、ハウス栽培より自然農のものが野菜本来のエネルギーが強いということで共通していますね。

でも自然薯はご存知のとおり、日本でもかなり高価なもの。
そしてスーパーなどでは手に入らない。

だったら
お気軽に長芋を使って、作ってみよう♪
薬効は穏やかだけど、とりあえず手に入るもので作ってみよう。

薬膳ってこんなかんじで、気楽に考えてみていいんです。

牛乳(動物性の乳)は乾燥している地域で好まれている飲み物です。
乾燥の激しいヨーロッパ、標高の高いヒマラヤ周辺国、モンゴルなど。

逆にタイやマレーシアなど、暑くて湿度の高い地域は
あまり飲まない傾向にあります。
その代わりにココナッツミルクをよく使いますね。
これはココナッツミルクが湿度によって体内に溜まった余分な水分を排出する働きがあるからなんです。

地域と気候と食べ物の関係、すごく関連しているんです。

私たち日本人は他にどんな特徴があるの?
そして自身の体質についてもっと知りたい!
という方はこちらでチェックしてみてくださいね。












  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A