10月24日より霜降。秋の最終節気であり、霜が降り始めることからいいます。

公開日: 2015年10月28日水曜日 暦のお話


どんぐりさんがコロコロしていました。
秋も最後の節気に入りましたね。

11月8日からはついに冬の入り口である立冬です。
また現在は秋の土用の期間でもあります。

土用は夏だけではなく、春夏秋冬の立する日よりさかのぼって18日間のことを指します。

【霜降の過ごしかた】
土用は夏の土用にかかわらず、脾(ひ)の動きが活発になる季節です。
脾は消化吸収、水分代謝を調節する働きがあり、同じく消化の臓器である胃とは表裏一体(陰陽)の関係です。

ふだん問題がない方でも疲れが出たり、体調を崩したり、特に消化不良が起きやすい季節となります。

これから11月8日の立冬まで、食事を見直して来たるべく冬に備えましょう。美味しいものがいっぱいありすぎて、量を減らせない!という方はゆっくり噛んで、消化酵素をを出すことにより胃腸の負担を和らげることができます。

空気の乾燥にともない、ノドも乾き水分補給も多くなるこの季節。
ただ汗も出にくくなるため、体内に余分な水分が溜まりやすくなります。

冷たい飲み物はさけ、できるだけ体内に吸収されやすい
温かい飲み物にしましょう。

また脾は温かいものを好みます。
生ものではなく、火を通したものに切り替えていきましょう。

脂ののった秋刀魚がとっても美味しい季節ですね!
ただ、動物性の脂は消化に負担をかけますので、
焼くときに脂を十分切ることです。

【おススメ薬膳茶・なつめ茶】
乾物のなつめ4~5個をハサミで適当にバラし、水筒入れて持ち歩く。
その都度、白湯を足していく。
ほんわり天然の甘味が美味しいお茶です。
甘すぎる時は陳皮(温州ミカンの皮を乾燥させたもの)を少し入れると、
酸味と香りのバランスがよくなります。
家で飲むときは煮出せばより美味しいです。

温性で女性の婦人病にかかせない『なつめ』。
中国の女性は生理前になると、なつめを食べる習慣があります。
体温が下がる生理の時期に、温めておくと生理痛がやわらぐといわれています。

上手に取り入れて、楽しみながら冬に備えましょうね。


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A