上海~日常編~
変わったもの変わらないもの。

公開日: 2015年9月29日火曜日 日々のこと

久々の田子坊。

ここは元民家をリノベーションしたアートギャラリー、カフェ、ショップなどが立ち並ぶストリート。緑が多いこのエリアを仕事が休みの日にはよく散策していました。



上から見るとこんな感じ。
屋上カフェが多いので、開放感があってゆっくり過ごせます。


場所変わって静安寺。
ここは元スイスの疎開地だったこともあり、欧米人が多いエリア。

私も独身時代、ここに住んでいました。
シェアハウスでルームメイトもイタリア人、スロバキア人、フランス人、アメリカ人とめっちゃ国際的でした。みんな中国語話せたんですよ。

このお姉さんが歌っていたのは中国語で『夜来香(イエライシャン)』のジャズバージョン。
なんか新鮮!


中国ではハーゲンダッツのアイス入り月餅がめっちゃ人気!
ハーゲンダッツさん、中秋月にからんで商売うまいな~と思います。


上海では日本と同じように生しぼりジュースがブーム。

静安寺地下鉄内にある生オレンジジュース自販機。オレンジ補充中のおじさん。
『1杯に5個のオレンジ使ってます!』との表示。

以前は自販機なかったのに、最近は増えてますね。治安がよくなったんでしょうか。


これは超ローカルお手製生しぼりザクロジュースの屋台。
ザクロを2つに割って、この圧縮機にかければできあがり。
これ、すんごくおいしい!! 日本にもあればいいのに。


一番変わったのは、きっと物価。これは上海名物の煎餅(焼き小龍包)。
外はカリッと中は肉汁がじゅわっ☆ 日本でもおなじみですね。
私がいた頃は4個で3元だったのに、今は5元に。


フルーツ屋さん。ところ狭しとならぶアバウトさが好き。

中央のベージュの果物は『龍眼(りゅうがん)』といって腎、つまりアンチエイジングに効くといわれています。皮をむくと白くプルっとした、ライチのような食感とお味。渋いお茶と合うんですよ、これが。

ここでも物価が3割増しぐらいになってた。物価上昇激しいですね。

ただ、フルーツ屋のおじさん曰く、車やガソリン、外国製品の値段は下がったらしい。なので全体的にみると家庭内支出はトントンだとのこと。なるほど。

上海、相変わらず元気な街でした。


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A